田口英紀

プロダクトデザイナー

プロフィール

未来デザイン 主宰者

桑沢デザイン研究所と日本デザイン福祉専門学校(旧称日本デザインスクール)にて学ぶ。在学中にプロダクトデザイン事務所のデザイン・アシスタントとして働いて以来、プロダクトデザイン一筋で様々な分野での製品開発に関わってきた。

卒業後、時計メーカーに移籍し最先端のデザイン開発に従事した後、仲間と共にスタツフデザインアソシエイツを設立。プロダクトデザインやデザインコンサルティングを長年に渡り手がけてきている

プロダクトデザインの新しい地平を切り開くべく、現在も様々な分野に挑戦している。2014年には、デザインの力と町工場の製造力を繋げるため、未来デザインの前身となる「デザイン講座」を立ち上げた。2020年春には、京都芸大通信教育部に入学。

活動

  • 道具学会・会員
  • あだち異業種交流会 未来クラブ・会員
  • 未来デザイン主宰
  • あだち新製品開発講座・講師

受賞歴:TASKものづくり大賞・奨励賞受賞
研究:くらしとデザイン 下町デザイン

Cherish Gear シリーズ

バルカナイズドファイバーを活用した日用雑貨のシリーズ。最初の製品であるレター・オープナーは、TASKものづくり大賞・奨励賞を受賞し、現在、著名ホテルや東急HANDSなどで販売されている。第2弾、第3弾の製品も未来デザインのプロジェクトとして開発中。

家電・雑貨

フラワーベース・香台

避難所シェルター

J:COMの対談番組「足立人図鑑」に田口さんが出演。未来デザインについて語っています。

番組紹介

様々なフィールドで活躍する足立人を招き、インタビューする対談番組。毎回3つのキーワードをテーマに、ゲストの現在の活動や生い立ち、今後の展望などをインタビューしています